健康と美容に関する情報ブログ


by motomiyat

潤いのための美肌成分

美肌のための潤い成分として、ヒアルロン酸やコンドロイチン、MSMといった素材のサプリメントが人気です。
ヒアルロン酸はもともと化粧品の成分としてテレビや雑誌でよくその名前を見かけていた物質ですが、具体的にどんなものなのかご存知でしょうか?
簡単に言い直しますと、身体のあちこちで大事な仕事をしている糖質の一種と言うことです。あちこちといっても多い少ないは部位で決まります。
ヒアルロン酸がたくさん含まれているのはたとえば鶏のとさか、人間の皮膚、関節液、眼球の硝子体と呼ばれる成分の中などです。弾性高そうな場所ですね。
米国コロンビア大学教授のMeyerらによってヒアルロン酸は1934年に牛の目の硝子体と言う部分から分離されたのが最初の報告です。1970年代から日本の生化学工業が盛んに研究しています。
多糖体の国際命名法により「Hyaluronan(ヒアルロナン)」と言うのが正式名称ですが、牛の目のHyaloid(硝子体)からとった多糖体ということで、多糖体の構造単位であるUronic acid(ウロン酸)をつけてこの名前になりました。

アンチエイジングにどうしてヒアルロン酸が良いのかというと、みずみずしい赤ちゃんの素肌に多量に含まれて、年とともに皮膚からどんどん減っていく成分がまさしくヒアルロン酸だからです。
低分子の飲むヒアルロン酸のサプリメントを飲むことでどれほどの効果があるかはいろいろ意見はありますが、そういうことで、アンチエイジングの化粧品の主成分のようになっているのがヒアルロン酸なわけです。
化粧品でのアンチエイジングばかりが目立つヒアルロン酸ですが、実はそれ以外の分野でも、特に医療応用で大変役に立っているのです。
その弾性と保湿力、さらに生体高分子であると言う特性を利用して、幅広く使われているのは癒着防止剤や創傷治癒剤です。また、関節液の改善や、眼科手術の補助剤としても有名です。
アンチエイジングを馬鹿にするような言い方で書きましたが、実はヒアルロン酸の医療応用と言えば、美容整形でも使われています。・・・やはりアンチエイジングですね(笑)。ヒアルロン酸は保水力と弾力を維持できるので、皮膚注入でしわとりができるのです
[PR]
# by motomiyat | 2015-01-10 10:01 | 美容

フェロモン香水

好きな異性がずっとあなただけを見つめている。そんなことが現実になる媚薬があります。
独りぼっちから開放される方法があります。それはフェロモン香水です。
異性がフェロモン香水で狂おしいほどあなたに興味を持ち始めめるのを想像してください。
フェロモン香水を使用して合コンやお見合いパーティーで成功する人が続出しています。
喜びの声が数多く寄せられています。
自身がなかった方も、これから新しい世界が広がります。
想像してみてください。あなたの隣には素敵な恋人が微笑んでいることを。
フェロモン香水は、あなたの求めていたものではないでしょうか?

PINKちゃんねるではありませんよ。
[PR]
# by motomiyat | 2015-01-07 19:58 | 暮らし
ビタミンやミネラルなどの必須栄養素のほかポリフェノール類などを多分に含む野菜。
生活習慣病の蔓延と野菜の摂取不足の関係が指摘されるなか、野菜を手軽に摂取できる加工食品が注目を集めている。

「健康日本21」では、一日当たり野菜果物を350g摂取することを推奨しているが、現代人が推奨量を摂取するのが難しい状況において、市場では野菜ジュースやスープ、スティック顆粒、タブレット、ふりかけなど手軽に野菜を摂取できるアイテムが多数販売されている。野菜や果物の抗酸化力を評価・数値化する「AOU(ORAC)」を食品に表示するための動きも加速し、疾病予防と関係の深い抗酸化力への関心が高まっている。サプリメントをはじめ健康パワーを持つ野菜「パワーベジタブル」に大きな関心が寄せられている。



[PR]
# by motomiyat | 2012-12-25 10:52 | 健康